育毛シャンプーのメリット、デメリット|育毛シャンプーのメリット、デメリット

育毛シャンプーのメリット、デメリット

新規会員登録キャンペーン レストル通販 商品購入はコチラ

育毛シャンプーのメリットについて

『育毛』ときくと、育毛剤を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、最近は『育毛シャンプー』の認知度も増えつつあります。

育毛シャンプーは従来のシャンプーと違って、育毛成分が含まれていることが特徴です。髪を洗いながら育毛するというスタイルは、主に中高年になる前の30代から使いはじめる人が多く見られます。

育毛剤を買うのに悩む人でも、育毛シャンプーなら買いやすいというメリットも買い支えられている要因といえます。

市販のシャンプーと同じように購入し、家で髪や頭皮のケアを行う。これが今の育毛と言えます。

さて、育毛シャンプーと市販のシャンプーを比べてみると、大きな差がいくつも出てきます。

髪の汚れを落とす従来のシャンプーと、健康な髪を生やすための環境整備を行う育毛シャンプーの違いや使い心地は、ぱっと見るとわからないものです。
しかし、成分で見ると違いは歴然です。

従来のシャンプーの中でも安価な”アルコール系シャンプー”は、スッキリとした洗い心地を与えてくれるものの、着色料や薬剤を多く含みます。なので髪にダメージを与える商品も数多くあります。

一方、”アミノ酸系シャンプー”は頭皮を保護するための脂質を残し、余分な汚れや脂質を洗い落とす『選択洗浄性』に優れています。

レストルシャンプーは脂を取りすぎないで必要な脂を残し頭皮の育毛環境を良くするので育毛シャンプーとしては最適です。
他には肌にやさしい”石鹸系シャンプー”がありますが、フケが出やすいのが欠点です。

育毛シャンプーで主に用いられているのは、このアミノ酸系シャンプーに育毛成分を添加した商品が人気です。

余分な脂質を落とし、頭皮環境を整えることで抜け毛や切れ毛を防ぎ、発毛を促してくれる環境を作ることが出来るのです。

『髪を洗い、清潔に保つ』という意味では同じシャンプーと言えますが、その後の頭皮や髪の状態を考えられているかどうかが大切です。

ただ安物のシャンプーを使って髪を洗うだけでは、キレイにしているのに抜け毛や切れげが増えるという逆効果を生み出してしまいます。

髪もまた植物のように栄養を吸収し、より濃く毛を伸ばしていきます。その土壌である頭皮環境には、十分気を使いましょう。

育毛シャンプーのデメリットについて

育毛剤に変わる存在として浸透しつつある育毛シャンプーですが、メリットだけではなくデメリットも存在します。

特に自分の肌と合わなくて猛烈な痒みやフケを起こす場合もありますので、使用前には肌につけ、自分の体にあっているのか確かめるようにしましょう。

その上で何らかの症状が出た場合、直ぐに使用を中止して皮膚科に受診するようにしましょう。
もっとも、育毛シャンプーには3種類存在し、それぞれでデメリットが異なります。

そんな育毛シャンプーのデメリットについて紹介していきます。

アルコール系シャンプー
安価で洗浄力の強いシャンプーで、いわゆる『洗ったあとの爽快感』という宣伝文句のシャンプーはアルコール系シャンプーと見ていいでしょう。
強い洗浄力のお陰で洗い心地は非常にさっぱりし、さらに安価なので買いやすいのも売りです。
しかし、育毛シャンプーとして考えると使い勝手の悪さが目立ちます。
非常に強い洗浄力は頭皮に必要な皮脂まで除去してしまい、育毛環境を大きく損ねてしまいます。
シャンプーに含まれる着色料や添加物も人体に少なからずダメージを当たえます。
最近では『高級アルコールシャンプー』と呼ばれる質のいいものも出ていますが、それでも強い洗浄力と成分は、育毛には不向きと言えます。
したがって『頭皮をキレイにしよう』と考えている人でないと育毛が難しいシャンプーと言えます。
アミノ酸系シャンプー
後述の石鹸系シャンプーに次いで刺激が少なく、肌に良い成分も多く盛り込まれています。
さらに『選択洗浄性』によって余分な頭皮だけを洗い流してくれるのも大きな特徴と言えます。
したがって、アミノ酸系シャンプーをベースにしたものが、育毛シャンプーの主流と言えます。
レストルシャンプーはアミノ酸を豊富に含んでおり通常のアミノ酸シャンプーに比べても高い効果に期待できます。
石鹸系シャンプー
もっとも刺激が弱く、無添加の石鹸系シャンプーは、肌が弱い人でも安心して使うことが出来ます。
また、油分を落とし過ぎないのでアミノ酸系シャンプーと同様に頭皮環境を維持してくれる効果も備えています。
一方、石鹸はアルカリ性なので洗いすぎれば頭皮や髪を傷め、洗い残せばフケの原因になります。
シャンプーだけだと指通りの悪さも残るので、リンスやクエン酸で髪を弱酸性に整える必要もあります。
さらに無添加のシャンプーはカビが生えやすいので、容器に水が入らないように取り扱いにも気をつけなければなりません。
肌にやさしい分デメリットも多いのが石鹸系シャンプーですが、慣れてくると3種類の中ではもっとも体に優しいシャンプーとなるでしょう。
このようにシャンプーの種類をとっても一長一短です。
自分の使いやすいシャンプーの種類や商品を選び、試してみるのも一つです。

「頭皮に残る界面活性剤に要注意」

多くのシャンプーは界面活性剤によって泡を出し汚れを落としています。
ところが界面活性剤は頭皮に残りやすく抜け毛の原因になりやすいです。

毎日のように洗っているが 頭皮が痒く抜け毛が多いのは界面活性剤での洗いすぎの場合が多いです。

話題の育毛シャンプーはこちら

【お役立ち情報】

INFORMATION

育毛クラブ レストル通販
〒636-0123
奈良県生駒郡斑鳩町興留7-1-14
レストル育毛シャンプーを中心とした商品をとりあつかっております【育毛クラブ レストル通販】です。育毛頭皮改善をめざし、抜け毛、薄毛対策やヘアケア相談などお気軽にどうぞお問い合わせ下さいませ。

【営業時間】 
8:00~19:00

【定休日】
月曜
第2、第3月火連休

TEL/FAX 0745-74-1073
MAILフォームはコチラ
メール /FAXからのお問い合わせは24時間受け付けております。

facebook

ページの先頭へ