薄毛や抜け毛に育毛シャンプー|お役立ち情報:20代女性におこる抜け毛や薄毛の原因と解決策

お役立ち情報

20代女性におこる抜け毛や薄毛の原因と解決策

2016/03/03

若年性脱毛症

近年、女性の薄毛や抜け毛が増加傾向にあります。かつては「薄毛や抜け毛は男性のもの」「更年期じゃないから大丈夫」と思われていましたが、今となってはそうも生きません。 近年は20~30代と働き盛りの人で薄毛や抜け毛が増えています。 これらは老化ではなく「若年性脱毛症」と言う立派な症状。なぜこのような症状が起こるのか、原因と対処法をまとめました。

若年性脱毛症って何?

一般的な抜け毛は頭皮や毛母細胞が老化することで起こります。 しかし、若年性脱毛症は『ヘアサイクル』。つまり髪の毛がはえ、抜けるまでの期間が極端に短くなっていることが原因です。 ヘアサイクルが乱れると、生えたばかりの毛が抜け始めたり、毛の太さが細くなる。1つの毛穴から生える毛の量が少なくなると言う症状を引き起こします。 これらが重なることで髪がボリュームダウンし、あたかも薄毛のように見えてしまうのです。

原因と解決策

◆無理なダイエット 食事制限や過度の運動は、薄毛や抜け毛の原因となります。 特に若い世代は食事を抜いたり栄養バランスに気を使わない人も多く、脱毛が加速することもあり得ます。 髪を成長させるには女性ホルモンの一種「エストロゲン」が必要です。 もちろん十分な栄養も必要ですが、栄養バランスが乱れると自然と内分泌ホルモンのサイクルも乱れ、脱毛につながっていくのです。 適度な栄養と食事だけでも育毛に効果がありますし、ダイエットも急激でなければむしろ身体に良いもの。 しかし、若い人は「食べる量を減らす」ことに執着します。これでは体内のバランスが崩れるのも無理はありません。 それだけではなく、自律神経の乱れやストレスが体調不良を招くことすらあります。 自律神経もまた、血流を司るため頭皮に対する影響があります。栄養とホルモンの不足。自律神経の乱れにストレス。まさに『なし崩し』と言わんばかりの勢いで脱毛状態になってしまうのです。 規則正しい生活を行い、バランスの良い食事をとる。それだけで健康な身体と毛根を得ることができます。 ◆髪染めを初めとするファッションヘア ヘアカラーやパーマも髪を傷め、薄毛になる原因の1つです。 パーマ液や処置によって頭皮や毛根にダメージが入ることで髪の健康度が損なわれ、ヘアサイクルを乱すためでもあります。 とはいえ、まったくパーマをしない、ヘアカラーもかけないというのは退屈なものです。 もしヘアカラーやパーマを行うのであれば、2ヶ月以上の間隔を開けましょう。加えてスタイリング剤はしっかりと落としましょう。 ◆不十分なヘアケア シャンプーの際に頭をガシガシと爪を立てて掻く。刺激の強い清涼剤で頭をさっぱりとさせる。 これらはシャンプーを行う上でよくある話。しかし、頭皮にとっては深刻なダメージにつながります。 頭皮は顔の皮膚と同じく、1枚の皮になっています。顔を爪立ててガリガリ掻くような真似はしないでしょう?それと同じく、頭皮も優しく、顔を洗うように扱いましょう。 シャンプーも清涼剤が入っているシャンプーは頭皮に影響を及ぼし安くなっています。 洗浄力の強さも、一見すると良さそうに見えますが使って見ると頭皮がヒリヒリすることも。 頭皮は弱酸性。これをシャンプーがバランスを崩してしまえば痛みも出てきます。 シャンプーも弱酸性のものを使い、刺激を少なくすることで髪をいたわることができるのです。 女性の場合ですが、別のページに『薄毛を予防するシャンプー法』として掲載しています。 どうぞごらん下さい。

  • 商品紹介
  • 進行度表
  • サロンでの育毛法へジャンプ

お試しはこちら

TEL/FAX:0745-74-1073 MAILフォームはコチラ

【お役立ち情報】

INFORMATION

育毛クラブ レストル通販
〒636-0123
奈良県生駒郡斑鳩町興留7-1-14
レストル育毛シャンプーを中心とした商品をとりあつかっております【育毛クラブ レストル通販】です。育毛頭皮改善をめざし、抜け毛、薄毛対策やヘアケア相談などお気軽にどうぞお問い合わせ下さいませ。

【営業時間】 
8:00~19:00

【定休日】
月曜
第2、第3月火連休

TEL/FAX 0745-74-1073
MAILフォームはコチラ
メール /FAXからのお問い合わせは24時間受け付けております。

facebook

ページの先頭へ