薄毛や抜け毛に育毛シャンプー|お役立ち情報:ストレスで薄毛になってしまうのはなぜ?

お役立ち情報

ストレスで薄毛になってしまうのはなぜ?

2017/08/23
薄毛の原因として、食生活・生活週間の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスが挙げられる事が多いです。
これらはすべて、自律神経の乱れに繋がるか、もしくは自律神経の乱れが原因の可能性があります。
 
ストレスが原因で薄毛になるのもまた、この自律神経が乱れてしまう事にあるのです。
 
 
現代社会は、ストレスフルな社会として言われています。
iPhoneやスマホ、SNSの普及でいつでも誰とでも繋がる事が出来るようになった一方で、デジタル機器によるストレスも大きくなりつつあります。
人間関係のストレスが原因で、脱毛症になってしまう人もいるくらいです。
 
では、自律神経が乱れてしまうと、何が起こるのか?
その点について考えてみます。
 
1.血行不良
髪の毛に栄養を運ぶのは血液が行っていますが、血行が悪くなると重要器官のみで止まってしまい、末端まで栄養が届かなくなります。
結果的に、発毛が促されなくなり、薄毛が進行してしまうと言うサイクルになります。
 
自律神経が乱れてしまうと、交感神経が過剰に働きます。交感神経は緊張している時に活発になるので、全身が無意識に緊張している状態が続きます。
程よい緊張であれば血流に影響はありませんが、緊張状態が続くと、血管を収縮させてしまい、血流が悪くなってしまいます。
 
酸素と栄養を全身に運ぶ役割の血液が全身に行き渡らなくなってしまいます。
 
 
2.睡眠不足
交感神経が常にオンになり緊張状態が続くと、充分な睡眠が取れなくなってしまいます。
睡眠中に発毛に必要な代謝が行われる為、薄毛・抜け毛の悪化につながる事があります。
睡眠不足も、日頃のストレルやプレッシャーから来る自律神経の乱れが大きく左右しています。
 
 
3.内蔵機能の低下
血行不良は、内蔵機能の低下にも影響を及ぼします。
内蔵は、食事の消化・吸収を行う重要な器官ですが、血行が悪くなると、機能低下につながり、
本来消化・吸収されるはずだった栄養素がそのまま体外へ出ていってしまう事になります。
 
ストレスによる影響は身体全体に及び、薄毛の進行にもつながります。
育毛シャンプーや育毛剤は、頭皮の環境を整え、髪に栄養を与えるものですので、改善はされると思います。
 
しかし、ストレスの原因がわかっているようでしたら、気晴らしやストレス解消をまず行う事をオススメします。
 
何事も根本的な解決がされないと、難しいかと思います。
  • 商品紹介
  • 進行度表
  • サロンでの育毛法へジャンプ

お試しはこちら

TEL/FAX:0745-74-1073 MAILフォームはコチラ

【お役立ち情報】

INFORMATION

育毛クラブ レストル通販
〒636-0123
奈良県生駒郡斑鳩町興留7-1-14
レストル育毛シャンプーを中心とした商品をとりあつかっております【育毛クラブ レストル通販】です。育毛頭皮改善をめざし、抜け毛、薄毛対策やヘアケア相談などお気軽にどうぞお問い合わせ下さいませ。

【営業時間】 
8:00~19:00

【定休日】
月曜
第2、第3月火連休

TEL/FAX 0745-74-1073
MAILフォームはコチラ
メール /FAXからのお問い合わせは24時間受け付けております。

facebook

ページの先頭へ