/nonion1912531.html,www.ikumou-club.jp,花、ガーデニング , 観葉植物,2.5〜3号(1ポット),(食虫植物)おまかせ食虫植物,357円 357円 (食虫植物)おまかせ食虫植物 2.5〜3号(1ポット) 花、ガーデニング 観葉植物 誕生日プレゼント 食虫植物 おまかせ食虫植物 2.5〜3号 1ポット 357円 (食虫植物)おまかせ食虫植物 2.5〜3号(1ポット) 花、ガーデニング 観葉植物 /nonion1912531.html,www.ikumou-club.jp,花、ガーデニング , 観葉植物,2.5〜3号(1ポット),(食虫植物)おまかせ食虫植物,357円 誕生日プレゼント 食虫植物 おまかせ食虫植物 2.5〜3号 1ポット

誕生日プレゼント 食虫植物 おまかせ食虫植物 2.5〜3号 1ポット 『4年保証』

(食虫植物)おまかせ食虫植物 2.5〜3号(1ポット)

357円

(食虫植物)おまかせ食虫植物 2.5〜3号(1ポット)

_gardening _hachu _interior _kame ガーデニング 食虫 食虫植物 ll_plants 食虫植物シリーズ 爛漫シリーズ 20100831 HTnepot_pio おまかせ食虫植物 muryotassei_500_599 植物 植物生体 ガーデニング生体 ビバリウム アクアテラリウム パルダリウム 育て方 育成方法 栽培方法 2020食中 opa2_delete kaijo 20210404

商品総額税込み5980円以上で沖縄県を除き基本送料無料。直送品、タイム便、中型商品、冷蔵・冷凍、代引き、銀行振込、コンビニ決済は別途手数料がかかります。送料・手数料の詳細についてはこちらをご確認ください。
メーカー:
食虫植物の代表種!
おまかせ食虫 (1ポット)
商品サイズ(約)鉢(ポット)径 : 7.5〜9cm※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧下さい。鉢カラーは黒または白となります。
品種 【サラセニアの育て方】 ■場所 直射日光が当たる場所が適しています。冬場は霜、雪に当てないように注意すれば屋外で越冬可能です。用土が乾ききってしまわないように水やりを行いますが、与えすぎによる根腐れには注意します。 ■水やり 水を大変好む為、鉢底から1.5〜2cmほどの深さで水を張る腰水栽培がおすすめです。根腐れ防止の為、時々鉢上からたっぷりの水を与え、鉢内と腰水の水を入れ換えます。 【ムシトリスミレの育て方】 ■置き場所 直射日光に当たると葉やけを起こすため、半日陰程度の明るい場所が適しています。外気温が10℃を下回ったら室内に取り込み、暖かく明るい場所で管理します。 ■水やり 水を大変好む為、鉢底から3cmほどの深さで水を張る腰水栽培がおすすめです。 【モウセンゴケの育て方】 ■置き場所 直射日光に当たると葉やけを起こすため、半日陰程度の明るい場所が適しています。冬場は地上部が枯れ越冬します。霜や雪にあてないよう注意し、水を切らさないようにすれば翌年の春にはまた芽吹きます。 ■水やり 水を大変好む為、鉢底から3cmほどの深さで水を張る腰水栽培がおすすめです。 【ウツボカズラの育て方】 ■置き場所 年間を通じて日当たりのよい場所が適していますが、真夏は暑過ぎるので午前中日光に当てるぐらいにします。 冬の最低気温が15度を下回ったら日当たりのよい室内へ入れ、冬は最低温度10℃以上を保てるよう、できるだけ暖かい場所で管理します。 ■水やり 高温多湿を好みますので植え込み材料の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。植え込み材料を過湿にしておくと根が腐りやすくなるので、水をやりすぎないように加減しましょう。 【ミミカキグサの育て方】 ■置き場所(モモイロミミカキグサ、ウサギゴケ) 日当たりで管理しますが、真夏の直射日光は強すぎる為半日陰の場所へ移し育成します。冬は室内に取り込み、最低気温10℃以上を保ち冬越しさせます。 ■置き場所(クリオネミミカキグサ) 直射日光に十分当てて育成します。冬は種子を残し枯れますが、翌年の初夏に発芽し、あっという間に開花株へと生長します。 ■水やり(3種共通) 水を大変好む為、鉢底から3cmほどの深さで水を張る腰水栽培がおすすめです。
ご注意※画像はイメージです。※食虫植物の為、虫を捕獲した状態での発送となる場合もございます。※複数ご購入された場合、品種が重複する場がございます
ガーデニングの用語一覧
葉水(はみず)⇒霧吹きで葉に水を吹きかけること。空中湿度を保ったり、葉の温度を下げるなどの目的で行う。元肥(もとごえ)⇒植物を植える際、あらかじめ用土に加えておく肥料のこと。追肥(ついひ)⇒植物を育てている途中で補給する肥料のこと。もしくはその肥料を補給すること。お礼肥(おれいごえ)⇒花を咲かせたり果実を収穫した後の、植物を回復させる為に与える肥料のこと。主に速効性化成肥料を用いることが多い。寒肥(かんごえ)⇒冬に農作物や庭木に施す肥料のこと。主に遅効性肥料(有機質肥料)を用い、休眠期に土中で分解させておくことで、春にちょうど良い具合に効き始め効果が持続する。根腐れ(ねぐされ)⇒水や肥料を与えすぎたり、水はけが悪いなどの原因で根が腐ること。根腐れを起こした植物は、悪臭を放つ場合がある。葉やけ(はやけ)⇒直射日光の当てすぎで、葉が変色したり、枯れたりすること。短日処理(たんじつしょり)⇒暗期が一定時間より長くなると開花が促進される植物(短日植物)に、光の当たる時間を調整すること。苞(ほう)⇒葉が変形したもので、つぼみを包んでいた葉のこと。花を保護する役割がある。

(食虫植物)おまかせ食虫植物 2.5〜3号(1ポット)

新型コロナウィルス関連情報はこちら

新着情報

  • 更新情報
  • お知らせ
  • 診療科
  • イベント
  • 広報誌
  • 採用情報